屋根工事


屋根のメンテでおうち長持ち 人も長生き

雨や風から住まいを守る大切な屋根は、定期的なメンテナンスが必要です。
機能的な屋根材を選べば、これからのメンテナンスの数をぐっと減らせますよ。

耐久性の高い屋根材で住まいを守る

塗り替えの目安は10年に1度

屋根には、雨や雪、風といった自然の影響から家を守る大切な役割があります。
しかし、常に雨風にさらされるため、内装に比べて劣化が早く、定期的に塗り替えを行わないと、
建物そのものの傷み
につながります。

基本的な塗り替えの目安は、洋風の建物に多い薄い板状のスレート屋根や金属製の屋根の場合、
10年に一度くらい。屋根を一新する葺き替えは、25~30年に一度といわれています。


メンテナンス軽減の屋根材

屋根の葺き替えの時におすすめなのが、耐久性の高い屋根材です。こうした屋根材を選んでおけば、
塗り直しの回数も減り、メンテナンスにかかる費用がぐっと抑えられます。
たとえば、スレート屋根では、30年間は塗り替えしなくてよいものが登場しています。
紫外線に強い塗料を採用したことで、長期間色あせしにくくなりました。

金属屋根に石のチップを吹き付けた屋根素材もあります。金属の軽さに、天然素材が持つ高い耐久性が加わり、
葺き替え後は塗装などのメンテナンスもほぼ不要です。天然石と区別がつきにくいほど、見た目もナチュラル。

また、も耐久性が高く、メンテナンス不要の屋根材です。
重いうえ、風で飛ぶことがあるため敬遠されがちですが、最近は軽量の瓦がたくさん登場しています。
落下しにくいよう、瓦同士を連結させる機能がついたものなら、災害時でもバラバラに落下せず安心です。

遮熱塗料で住まいの温度も快適に

真夏の屋根は、70℃近くまで高温になることをご存じですか? この熱が伝わると、お部屋の暑さも倍増します。
屋根を塗り替えるなら、耐久性とともに、断熱効果を持つ塗料がベター。セラミックなどの特殊な材料を含む塗料なら、
熱の原因である赤外線を反射し、屋根表面の温度が上がるのを防ぎます。

部屋の温度が下がれば省エネにもつながりますね。機能的な屋根で快適な毎日を(*^_^*)





カバー工法で屋根をしっかりリフォーム

家を守っている大切な屋根

常に雨風や太陽にさらされている屋根は、どうしても傷みが出やすい場所でもあります。
定期的に塗装などメンテナンスを行っていても、屋根を葺き替えるときがやってきます。
しかし、通常は、古い屋根材をすべて撤去し、新しい屋根材に取り替えるため、工事も大掛かりとなってしまい、
工期も長くなります。

既存の屋根の上に被せるカバー工法

屋根のリフォーム方法のひとつにカバー工法というものがあります。カバー工法は重ね葺きとも呼ばれ、
既存の屋根の上に新しい屋根を被せる方法です。スレート屋根や金属屋根など、もとの屋根が平らな場合に適しています。

カバー工法を行うには、現状の屋根の下地が傷んでいないことが大切な条件になります。
また軽量屋根材ではありますが、現状より屋根が重くなるため、耐震性を確認する必要もあります。

住みながらの工事が可能

カバー工法の工事は、屋根からの廃材が出ず環境にも優しいといえます。そして、古い屋根をはがす必要がないため
工期も短くコストが抑えられ、住みながらの工事が可能です。
屋根が二重になるため、断熱性や遮音性もアップするという利点もあります。

カバー工法



屋根リフォーム 施工実例
 

雨漏りでお困りの屋根の張り替え工事をおこないました。


新居浜市I様邸       工期:約1週間  費用:約70万~80万


wadasekou2014111811.png

既存の屋根材を撤去して、新しい屋根材にチェンジしますよ~★


まずは屋根の解体から!

wadasekou201411182.jpg

瓦を撤去した屋根はこんな感じです ↑ ↑


長年蓄積されたホコリやゴミや、瓦設置に使用された土などが出てくるので、
ここで清掃をします(`・ω・)b

wadasekou201411183.jpg


すべての解体が終わった屋根です ↑ ↑


この上に、新しい合板を張っていきます!

wadasekou201411184.jpg

P1070159.jpg


工事部分の屋根すべてに合板がきれいに張れました!

これで屋根下地ができましたよ~(o´ω`o)ノ


しかし、このままの状態では雨は防げません。

この状態で雨が降ったら、釘を打ったところや、合板と合板のつなぎ目から
雨が漏れてきちゃいます(>_<)

なので、防水工事もしておく必要があります(*^。^*)


屋根に、ルーフィングという防水シートを貼っていきます。

( 写真がないので他の現場の写真になりますが )
↓ この青色のシートが屋根を雨から守ってくれるんです!!

wadasekou201411185.jpg

そしていよいよ瓦取付の工程に入りますっ(^-^)

wadasekou201411186.png


劣化しにくい釘やビスを使用して、瓦を桟木に固定していきました。

   ・
   ・
   ・
瓦取付作業後
   ・
   ・
   ・


瓦の取り付けができたら次に

wadasekou2014111810.png

棟部分の施工をして…

屋根葺き替え完了!!

ここまでの工期は1週間でした♪♪

不備がないかしっかりチェックして、掃除を行って
工事完了となります(^ω^)




毎日、太陽に照らされ、風雨にさらされる屋根は、時間の経過とともに劣化してしまいます。
定期的な点検をお勧めしています。

早めの対処をしておけば費用も少なくすみますし、家の寿命も延ばせます。
家を建ててから10年以上経つのに何もしていないという方は、一度ご相談ください。




屋根のリフォームには、設備代金の他に工事費がかかります。
標準的な工事での価格となっておりますので、お気軽にご相談くださいね。
しつこい売り込みはいたしませんので、ご安心を(*^^*)




資料請求



ページトップへ